じんべいさんの慰霊祭

4月21日(木)、じんべいさんの慰霊祭が行われました。

じんべいさんとは・・・?(信の行者 またの名を 神変大菩薩)

まだ強羅が開発される以前の明治の時代に現在の強羅の発展を予言していた行者がいました。その名を神変上人といい、修験道の聖地・奈良吉野大峰山の霊場にて信行者になり、明治14年箱根入りし、冠ヶ岳の山頂に開祖を祭り、箱根の発展を祈願しました。信行者は、60軒ばかり建ち並ぶ宮城野村に下りて説法し、人々に病気や災難があれば法力を使って救ったので、やがて村人達の崇敬を集めるようになりました。村人達は「神変」(しんぺん)さんと呼び、しんぺんさんが訛って「じんべいさん」とも呼ばれておりました。

 行者はある日、岩だらけで何もない強羅を指し村人に告げました。「やがて100年もたたぬうちに便利な乗り物で登山できるようになります。誰もが楽しめる天下の観光地として栄えていく事でしょう。」と、すでに今日の強羅を予言していたのです。

 その後信行者は、みんなの幸福を強く祈りながら、神山に登り冠ヶ岳で昇天を果たしました。今でも願掛けをする人達もおり、数々の奇跡を起こしているようです。

じんべいさんに見守られながら強羅で従事する私達です。日頃の感謝の気持ちと、今後の強羅の更なる発展を祈念して、慰霊祭を行いました。

 

じんべいさんは東方之光(世界救世教)の敷地内に奉られています。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://hakone-gora.com/ryokumi/wp-trackback.php?p=168