あじさい号前夜祭が行われました。

箱根登山線「夜のあじさい号」の運行が6月28日(金)から始まりました。それにさきがけまして21日(金)に「夜のあじさい号前夜祭」が行われました。これは箱根町長をはじめ関係者を招待して箱根湯本~強羅に臨時列車を仕立て1往復するもので、強羅では列車到着時から出発までの約40分間歓迎式典が行われました。強羅では観光協会・旅館組合・商店会の方々をはじめ、箱根中学校の吹奏楽部の演奏も加わり「夜のあじさい号」を迎えました。ホームでは強羅名物の銀豆腐、雲助団子、箱根ロープウェイの方々が撞いた餅等が振舞わました。また、強羅公園で開催中のあじさい展からホームに色とりどりのあじさいが並べられ販売を致しました。列車の出発の際には、箱根中学吹奏楽部の「箱根八里」が演奏され全員で手を振り見送りました。

沿線のあじさいの開花情報ですが、現在全線に渡り開花しており正に見頃。夜の沿線もライトアップに映えて綺麗に咲き誇っています。

関係者を乗せた「あじさい号」が到着

箱根中学校吹奏楽部の皆さんによる歓迎の演奏

強羅観光協会長挨拶

                                               

箱根観光協会長挨拶

箱根ロープウェイのスタッフの方のよる餅つきで景気付け

あじさい号は箱根湯本に向け出発

皆で見送り

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://hakone-gora.com/ryokumi/wp-trackback.php?p=427